成田国際空港

セントレアNAVI

成田国際空港は一般的に「成田空港」と呼ばれており、千葉県成田市南東部の三里塚地区にある国際空港です。
首都圏に発着する国際線や、主要都市への国内線航空便が発着する第一種空港である。日本航空、全日本空輸とアメリカのノースウエスト航空のハブ空港でもあります。日本で最長の4,000mの滑走路をもち、日本の空の玄関口のひとつですが、建設時からの反対闘争が激しく、政府が土地収用法に基づく強制執行を行っいましたが、開港後30年近く経過しながら未だに当初の全体計画は完了していません。
第2滑走路の用地買収が進まないために、計画の2,500mより短い2,180mの暫定滑走路のまま使用しています。
また、騒音問題のため深夜や早朝の離着陸ができないなど、不十分な状態が続いており。ラッシュ時には滑走路手前の誘導路に航空機の列ができたり、上空待機する航空機が多い事もあります。
成田国際空港では、開港以来、住宅などの防音工事に400億円超、電波障害対策に200億円超など、合計3200億円超の環境対策事業を実施しており、今後も実施され続ける予定だそうです。

一部海外のガイドブックに「エラーポート」と評されるほどの利便性の悪さは、航空機による移動が身近なものとなった今日、無視できないものになってきている。これは世界の主要空港との比較で大きく見劣りする点であるが、急速な航空事情の変化や、日本の国土事情などを鑑みると、容易には解決できない問題でもあるそうです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。