関西国際空港

セントレアNAVI

関西国際空港大阪府南部の大阪湾内泉州沖の人工島に作られた第一種の国際空港です。
日本で2番目の本格的な海上空港で、一般的には「関西空港」や「関空」と呼ばれています。
平成6年月4日に開港。日本の国際空港としては初めて本格的に24時間運用可能となった空港。
関西空港ターミナルビルは、イタリア人建築家のレンゾ・ピアノが設計し建設されました。

空港島の対岸には、空港関連施設の広大な「りんくうタウン」が広がっています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。